FC2ブログ

着金手数料  Inward payments Remittances 

山田さんのサイトに今日Upされた 海外から日本に円建て送金したときの被仕向け手数料、中継銀行手数料 も、合点してしまいました。 

そうなんですよね、着金手数料 Inward payments Remittanceと、中継銀行での手数料は、本当に使ってみるまで、わかりずらいもので、手数料の総額は事前にはわかりにくいものです。 特に、日本の銀行で普通、円を受け取るのに着金の手数料をとられることがないので、着金手数料はピンときにくいような気がしています。 

着金手数料について ( Inward payments Remittances)といわれることが多いです。
銀行により、基準はまちまち。 額全体の%で決まっていることもあり、一定のこともあり。
着金の額により、割り合いが違ったり、 銀行の顧客かどうか, ワンランク上の会員かどうかで違ったりもします。


1. 外国銀行の場合


HSBC 香港 で、USドルの受け取りをすると 毎回 remittance 50HKD, 7USD くらいですね。比較的、リーズナブルだと思います。 

HSBC シンガポール USドルなどシンガポールドル以外の受け取りについてはこちら Inward payments  Remittances in other currencies 細かく決まっていますが、為替がない場合には結構な額です。


Natwest イギリス  ポンド立てだと着金の手数料はとられませんでした。UKの銀行には、ドルで送金したことがないので、ドルだての時にどのくらいの手数料になるのか不明。

自分のいるある東南アジアの国の銀行 ドル化している国なのに、USドルの着金に送金額の0.1% (最低10ドル)とられます。 

本当にいろいろです。 


2. 日本の銀行

外国からドルを 日本のCiti bankのドル口座に送ると、中継銀行手数料はかかっても、Citi bankの側では、着金手数料はかかりません。 ただし、そこから円にするために、為替手数料がかかることになりますが。 

山田さんが今日の記事でご指摘の点、 外国からドル(円以外)を、カレンシーオンラインに送り、カレンシーオンラインで 円にしてから、日本の銀行の円口座におくると、 被仕向け手数料がとられる可能性が大きいことは知っておいて損はないと思います。 (私個人は、カレンシーオンラインは使ったことがありません。)  


為替や手数料は総額で考える必要がありますよね。これだけ手数料にいろいろな種類があり、着金手数料だけでも恐ろしくバラエティーがあるので、お得な方法といっても、相当specific情報がないと、助言などもしにくいですよね。

スポンサーサイト



[ 2009/12/21 21:12 ] 海外銀行一般 | TB(0) | CM(0)

山田 譲 さんの記事やサイト 

[手数料を節約して便利に海外送金する方法] のサイトは、海外送金についての情報の宝庫です。参考にさせていただいており、お世話になっております。 ご自身で体験されたことや、サイトに寄せられた困った事例などを用いていらっしゃるので、リアリティがあります。 

山田 譲 さんが書かれているブログ外の記事も海外送金については参考になります。

NTTスマートトレード FXと海外送金

 
[ 2009/12/21 21:00 ] 海外送金 | TB(0) | CM(0)

Banking without boundaries いくつかの国のHSBC口座を一度に管理する 

HSBC Premierでは、いくつかの国の口座を一度にインターネットバンキングで見たり、相互の口座間の送金をしたり(無料)というサービスがあるそうです。以下のデモを見る限りでは、便利そうです。 


HSBC premier global view and global transfer demo



世界各地に口座を持っている人には便利なサービスかと思われます。Premierステータスであれば、の話ではありますが。一カ国でPremierならば他国でPremierとして口座開設ができるそうです。 


以下のサイトによると、Real Time Transferが可能なのは、22カ国に限られるそうで日本は 入っていないようですね。 

---------------------------------------------------
Banking without boundaries

With HSBC Premier you can now view and manage your HSBC accounts in other countries from one single internet log-in via HSBC's Global View.

* You can transfer funds via Internet between your HSBC accounts around the world immediately*. No more hassle of visiting a bank branch or waiting for a few days for your telegraphic transfer to be processed. Best of all, this service is free.
---------------------------------------------------
[ 2009/12/20 10:37 ] 海外銀行一般 | TB(0) | CM(0)

海外勤務者・非居住者の納税   

海外と日本を行き来していますが、納税については、すっきりしないことも多いです。というのも、東京の税務署で聞いたことと、住民票をうつした先の(もちろん海外への転出届をだしていて住民票は抜いた形になっていますが)実家の近くの田舎の税務署で聞いたことが違ったり、自治体ごとに違うならまだしも、同じ自治体でも担当者で言っていることが違ったり。 すっきりと説明をうけることがほとんどありません。
つまり、自分側である程度、原理原則をわかっておく必要があるなあ、と感じています。 

AB Compass海外勤務者の納税


国税庁 所得税 海外勤務になったとき


国税庁 所得税 非居住者に対する課税
[ 2009/12/16 22:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ANAアメリカン・エクスプレスカード 

このごろ、海外渡航の多い知人の間で話題になっているのは、ANAアメリカン・エクスプレスカード

ANAのクレジットカードは、いまいち、特徴が薄くて、これまでマイレージのカード&Edyのみで対応してきました。
が、上記は、なかなか特徴がありますね。アメックスの割には、(ゴールドでなければ)安価ですし。
空港ラウンジも本人+同伴1名まで使えます。 基本的にANA空港ラウンジ(← まちがい 最下段に訂正)だけなので、日本国内充実、海外は充実していません。が成田が使えるだけでも、便利です。
 プロパーなアメックスカードと異なる点はあるようですが、まずはアメックス1枚というのには良いのではないでしょうか? 

ANAアメリカンエクスプレスカードの実力 


そこで海外在住者に問題なのは、基本的には、カード申し込み→国内在住者ということ。

カード郵送が本人指定になるのか、留守宅でも実質対応かのうなのか、が気になるところです

カードお届けにあたってのご本人様確認について

この書きぶりをみると、本人確認書類をファックスで送ると、もしかしたら、「本人限定受取郵便」ではなくなる可能性もあるのかも。真相は、要確認ですね。 海外在住になると、このように、申し込みたいカードができても、なかなか申し込みづらいところはあるわけですが、とはいえ、このところの不況。 カード会社だって、会員は増やしたいはず。 どうにかなるような気がするのですが。  試した方いらしたら、お知らせください。 


訂正  空港ラウンジはANAラウンジではなく、アメックスのラウンジのようです。
[ 2009/12/06 12:05 ] クレジットカード | TB(0) | CM(0)
プロフィール

sreysrey

Author:sreysrey
(先進国ではない)海外で働いています。 海外長期滞在時のマネー関連の質問に、答えることが多いので、ブログにまとめることにしました。 → 海外の銀行や送金について ぼちぼちと更新します。 このブログは「現に海外生活をしている者の視点」から書いています。 
 ドル建て給与を得ているので、為替・為替差損予防&リスク低減には留意しています。が、投資関連の記事はありません。 

FC2カウンター


  1. 無料アクセス解析