FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Citi bank T/Cの手数料改定 

これまで口座があれば、T/C購入の手数料が無料だったシティバンク。
10月から口座があるだけでは、手数料1%がかかるようになるとのこと。

トラベラーズチェック発行手数料の変更について

シティゴールドか、 ゴールドカードがあれば、引き続き手数料がかからないとのこと。
スポンサーサイト
[ 2009/09/01 21:15 ] 日本の銀行 | TB(0) | CM(0)

もろもろのコントロールが可能な住信SBIネット銀行 ⇒ 円を動かす・定期でおいておく場所として便利 

住信SBIネット銀行に口座を開いてみました。ネット口座比較サイトなどで、評判が良かった通り、使い勝手は、「遠隔操作が必要な海外在住者にも向く」、と思われました。 ただし、”日本在住者が口座をもてる” ということになっているので、少なくとも、口座開設までは、”日本にいる” (ことにする) 必要有り、です。 

住信SBIネット銀行を 海外長期滞在者が遠隔操作する際に、便利だと思った点

1) ネットで ATMカード利用 の  停止、利用開始  の設定可能
2) ATMカード引き出し限度額、送金限度額、これらの限度額設定 ⇒ ネットで可能
3) 当座貸越 ⇒ 利用する、しないの設定がネットで可能
4) メールでのお知らせサービス充実 (入金、出金でアラートが届きます) かつ、複数のメールアドレス登録も可能
5) (円) 送金が月3回まで無料
6) 円定期の利率が高め 

どうせ、海外に滞在中は、日本でATMカードは使わないので、 「利用停止」 にしておくと安心ですし、当座貸越もつかわないので、「利用しない」、に設定しておくと、安心です。

こういった、もろもろのことが、ネットだけで、コントロールできてしまうところが便利なところです。
店舗がない、ということは、 店舗ですべきことがもともと遠隔操作でできるようになっている、ということ。

日本にいない => 多数の店舗があって、多額の人件費を実店舗に使っている銀行
というのは特段魅力ではないわけです。つまり、ネット専業銀行は、まさに、海外滞在者向き、と思う次第です。 

ただし、上記、あくまで円を動かす、Or 円定期にしておくのに便利な口座です。
外貨は、この口座からの送金、また、この口座への送金が一切、できません。つまり、”外貨を動かす場所” としては、全くつかえません。 
[ 2009/03/04 21:13 ] 日本の銀行 | TB(0) | CM(0)

海外長期滞在者が、遠隔操作するにはネット銀行は必須→ ネット銀行比較サイト 

インターネットバンキングができるようになり、海外長期滞在者の利便性はすごーく向上したと思います。これなくしては、日本のだれかに国内の送金などをお願いせねばならない、ということになってしまいます。 日本の地銀しか使っていない知人から、 「え、地銀のネットバンキングつかっているから、これで十分じゃないの? 海外いっても」 と 何度も言われたことがありますけれども、 使い方と、利便性を考え、 まじめに、 ネットバンクは選んだほうがよい、 通常は、地銀のネットバンクよりも、 ネット専業銀行や、メガバンクのネットバンキングが便利、 と力説しています。

ネットバンク比較サイトは、サーチしたらたくさんでてくる、と思います。

以下、一例のみ

ネットバンク比較

セキュリティ対策比較
[ 2009/03/04 20:44 ] 日本の銀行 | TB(0) | CM(0)

利便性と安全性 ⇒ ATMカード 限度額変更に必要な手続き・時間に 留意すべし 

利便性と安全性は反比例する、などと表現するそうですが、 これを実感した出来事がありました。

日本に数日間のみ、帰国した際に、ゆうちょ銀行の口座からATMカードで ある程度の額を引き落とそうと思い立ちました。 というのも、ネットでの使用勝手がわるく、海外に長期滞在しつつ、ゆうちょ銀においておいても、何にも使えないので。。。 遠隔操作しやすい、使い勝手がよい銀行に移そうとおもったのです。

ですが、引き出そうとしてから、ある事実に気がつきました。 1日のATM引き落とし限度額をかなり低く設定してあったのでした。 日本には数日しかいないし、 通帳・印鑑は、手元にないし。  代理人をたてて、書面で申請して、ATMカードの限度額を上げることは、不可能ではないそうですが、日数がかかるとのこと。 結局あきらめて、限度額いっぱいを毎日おろすことにしました。 
 でも、ここにも また、障害が。 日曜やっていないゆうちょATMもあるんですね。 あわてて、サーチして、手数料はかかるけれども、ゆうちょ銀のATMカードが使えるというコンビ二に、夜に駆け込みました。 しかし、夜間の一定時間は、やはりおろせないらしい。、ゆうちょ銀の使いにくさにに 唖然としました。 (いまどき、途上国にある ATMだって、24時間 毎日稼動していたりする時代です。) 

このところ、安全性Upのために、限度額など、もともと低めに設定されていたり、自分で設定する際に、低めにしてしまうわけですが、 限度額を引き上げるには、 手間と時間がかかることもあり。
電話やネットでできるならともかく、 ゆうちょ銀のように、 限度額変更に時間がかかるのは、 日本に短期滞在しかしない者にとっては、すごーく不便です。 あとから、”限度額こんなに低くするのではなかった”、と後悔しないよう、 (海外に長期滞在する事前に)、 限度額変更に要する手間や時間 にも注意しておいたほうが良いと思います。 
 
対応1 注意した上で、限度額変更(増加)を後からしなくてもいいように準備しておく 
対応2 限度額変更などの遠隔操作がしやすい、銀行を主に使う (だんぜんこっちが 便利でしょう)
[ 2009/03/04 20:11 ] 日本の銀行 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

sreysrey

Author:sreysrey
(先進国ではない)海外で働いています。 海外長期滞在時のマネー関連の質問に、答えることが多いので、ブログにまとめることにしました。 → 海外の銀行や送金について ぼちぼちと更新します。 このブログは「現に海外生活をしている者の視点」から書いています。 
 ドル建て給与を得ているので、為替・為替差損予防&リスク低減には留意しています。が、投資関連の記事はありません。 

FC2カウンター


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。